グループウェアはクラウド型が良いのか

  • グループウェア導入で何が変わるのか

    • 最近、ビジネスの場でグループウェアという言葉が普通に使われるようになりました。

      このソフトウェアは今や大企業の8割以上が導入し、活用しているものとなっており、ビジネスになくてはならないものとなっています。



      その普及率はかなりのもので、中小企業でも半数以上が使用しているようです。


      ただ、そうは言ってもまだまだ導入していない企業も一定の数があります。

      ガジェット通信のことならこちらのサイトが便利です。

      グループウェアというものを検討しようと思うが、いったいどんなものなのか良くわからない、そういった声も聞かれるようです。


      そこで、グループウェア導入で何が変わるのか、それを解説します。


      このソフトウェアの基本的な機能としては、社内用メール、掲示板、回覧板、施設管理、スケジュール管理などが挙げられます。

      これらの機能に共通する要素というのが、情報の共有です。

      それまでは各々のPC内で保管されやり取りされていた各種のファイル、また書類を回しておこなっていた社内通知や各種申請、ホワイトボードなどを使用し部署内でしか把握できなかったスケジュール管理、これらが全社員、どんな時でも閲覧、利用できるのがグループウェアとなります。これらが実現されることにより、社内の情報共有漏れが無くなり、発信側の手間やペーパーレスが実現されます。

      また、書類による一方的な通知から、通知を受ける側も返信ができる双方向のシステムに代わることにより、社内のコミュニケーションが活発化されることも期待できます。


      情報共有の促進とコミュニケーションの活発化。
      これこそが、グループウェア導入で得られる最大のメリット、という事になります。