グループウェアはクラウド型が良いのか

グループウェアはクラウド型が良いのか

グループウェアの普及率はここ最近で急速に高まってきました。



大企業では既に8割以上が、中小企業のような人数が少ない企業でも半数近くの会社がグループウェアを導入しビジネスに役立てているようです。


これは社内のコミュニケーションを活性化し、情報共有をより一層進めるこのソフトウェアの価値が知られ、認められてきたということに他なりませんが、他に、クラウド型のソフトウェアが増えてきたからということもあるようです。
確かにクラウド型のグループウェアは初期投資が比較的少な目で中小企業でも気軽に始められる上に、しかも同じく近年ビジネスの場にも普及してきたスマートフォンなどのモバイル機器とも相性が良いので、採用する企業も多いようです。

では、どんな場合でもクラウド型を選べば良いのかというと、実はそんなことはありません。

確かにクラウド型に比べて旧来のオンプレミス型と呼ばれる、社内にサーバーを設置し、そこにソフトウェアをインストールするタイプのものは初期費用が比較的多めに掛かってきます。

マイナビニュースに関する情報を提供中です。

しかし、デメリットばかりではないのです。



それは、データが社内に保管されるために、基幹システムなどの既存のシステムとの親和性が高いということです。


また、カスタマイズもクラウド型より比較的自由に行えるので、既に様々なシステムが導入済みとなっており、しかも自社の業務に合わせたカスタマイズがしたい大企業などの場合は、オンプレミス型のほうが向いていることもあります。
自社の規模、業務の内容などをしっかりと把握し、どちらのタイプのグループウェアが良いのかしっかりと判断して導入すると失敗が少なくなるでしょう。


  • 納得の知識

    • グループウェアに対する関心はとても高くなっています。デジタル時代はいかに情報を共有するかがビジネスで問われます。...

      detail
  • 科学技術のテクニック

    • グループウェアは業務効率化を実現する上で欠かせないソフトだといえます。IT企業などはこのグループウェアなどの導入を必須としており、日本企業の中でも導入することを検討している企業が多いです。...

      detail
  • 知りたい情報

    • 最近、ビジネスの場でグループウェアという言葉が普通に使われるようになりました。このソフトウェアは今や大企業の8割以上が導入し、活用しているものとなっており、ビジネスになくてはならないものとなっています。...

      detail
  • 情報分析

    • グループウェアとして日本で最も有名なソフトはサイボウズです。サイボウズでは、スケジュールなどのデータを管理できますが、普段スマートフォンなどでスケジュール管理している場合、サイボウズ上でスケジュールを管理してしまうと、スマホとグループウェアでスケジュールを二重管理することになってしまいます。...

      detail